ファスティングとは
InBodyや血管年齢測定、AGE測定、ストレス測定などを使用し、自分自身のカラダの状態を知っていただきます。
測定結果は記録に残し、何度ご参加いただいても以前の状態と比較して、常に新しい情報を。

カウンセリング

ファスティングを行う前にカウンセリングシートを記入していただきます。
カウンセリングシートには、日々の食生活や運動習慣、最近の体調などを詳細にご記入いただきます。このカウンセリングシートはすべての測定、施術の基になりますので気になることや相談したいことなど細かくお書きください。
カウンセリングシートと測定結果を基にメタトロンを行うと、お客様一人ひとりにあった施術や今後の生活についての指導ができます。
カウンセリングシートは次回お越しくださった際の資料として大切に保管させていただきます。

InBody

InBody

InBodyは生体電気インピーダンス法(BIA)を基本原理としています。インピーダンスとは、人体に電流を流した際に発生する抵抗値であり、人体を構成する水分の量によって変わります。インピーダンス法(BIA)はこの原理に基づき、人体に微弱な交流電流を流して得たインピーダンスから体水分を測定する方法です。InBodyは測定された体水分から様々な体成分の情報を提供します。
InBodyには4つの特徴があります。

1.世界特許で保護されている部位別直接インピーダンス測定法(DSM-BIA)

InBodyの部位別直接インピーダンス測定法は、人体を右腕・左腕・体幹・右脚・左脚に分けて測定する技術です。断面積と長さの異なる各部位を別々に測定するため、どの体型でも同じ精度で分析できます。

2.正確な測定を可能にする多周波数測定

広帯域周波数を用いて細胞内水分と細胞外水分を分けて測定する技術です。交流電流は周波数によって細胞膜を透過する程度が異なります。InBodyはこの特性を利用して高周波の電流では全体の体水分を、低周波の電流では細胞外水分を測定することで、水分均衡(ECW/TBW)が分かります。

3.高い再現性を実現する8点接触型電極法

人体の形状を考慮して左右の手と足に各2個ずつの電流・電圧電極を配置し、計8個の電極を使用する技術です。電流と電圧を分離したInBodyの電極接触法式は、手首と手足の常に一定な位置から測定が始まるため、再現性がとても高く、皮膚による接触抵抗の影響が少ない正確な測定が可能です。

4.僅かな体成分変化も感知する経験変数の排除

InBodyは性別や年齢などの統計的な情報で体成分の結果を補正しません。実測したインピーダンスのみに基づいて体成分を分析するため、見逃しやすい僅かな体成分変化まで感知します。これは体成分変化を継続的にモニタリングする治療や研究を目的とした分野では欠かせない技術です。

InBodyが選ばれる理由

高い精密度と再現性の技術力を誇るInBodyは、世界70ヶ国以上の医療施設や大学・企業の研究施設などで、臨床検査・臨床試験・栄養指導・健康指導のツールとして使用されています。毎年各種ジャーナルに掲載される、InBodyのデータを利用した数百編に上る論文が、その優秀性と活用性を客観的に裏付けています。

InBodyの測定で主に以下のことが分かります

○体成分分析
人の体は大きく分けて体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪で構成されています。 InBody測定ではこの4つの値を数値化して表示します。これらの成分のバランスが取れていて、健康な状態といえます。
○体重・筋肉・脂肪
筋肉と体脂肪の均衡が分かります。また部位別筋肉量も確認することが可能なので上下左右のバランスを見ることもできます。
○肥満指標
自分の体型、肥満の可否が分かります。また、体型評価グラフにて自分の体型について評価できます。
○部位別筋肉量
腕・体幹・脚の筋肉量を分析します。上下半身の筋肉の発達程度や左右の均衡が分かります。
○体水分均衡
細胞外水分と細胞内水分を分離測定し、体水分に対する細胞外水分の比を表します。 健常者の場合、細胞内水分と細胞外水分の比が一定に維持されますが、何らかの原因によって細胞外水分が増加すればむくみが発生します。

AGE測定(糖化年齢)

AGE測定(糖化年齢)は、同年代の人々とあなたのAGE値の比較を示し、将来のリスクを確認することができます。AGEとは主にタンパク質が体内で余った糖と結びついた有害な合成物質です。体調不良や病気を引き起こしたり、老化を加速させます。AGEが高いと、心疾患、糖尿病、腎不全、その他重症となる合併症や疾病を誘発します。
[注意点]
*以下の状況下では測定結果の正確性に影響をおよぼす可能性がございますのでご注意ください。
・過去にけが、病気の経験がある、または、現在治療中である場合。
・測定箇所にあざ、日焼けなどの炎症がある場合。
・体温上昇による血流変化がある場合、また、測定前に食事をされた場合。
・化粧品、日焼け止めクリームなどをご使用になった肌で測定した場合。

血流観察(毛細血管スコープ血管美人)

血管美人は採血せずに簡単に、毛細血管の血流を観察できる装置です。動脈や細動脈など、ほとんどの血管が三層構造になっているのに対し、毛細血管壁は単層の内皮細胞のみで構成されています。そのため血流や血液の影響を受けやすく変化がわかりやすいのです。
毛細血管の形状や、血流の状態を知ることで「未病」の状態が認識できます。未病を認識すると、早い段階で生活習慣の改善に取り組むきっかけになります。
自分自身の体内の微細な変化を観ることで健康状態をチェックし、生活習慣を見直すキッカケにすることができます。
[注意点]
*以下の状況下では血管が見えにくい場合があります。
・仕事が多忙で疲労がたまっている方。
・ストレスをすごく負担に感じている方。
・睡眠不足の方。
・アレルギー症状(アトピー・花粉症など)をお持ちの方。

pagetop